症状を知る

体温計

更年期にさしかかると更年期障害の症状が出てくることがあります。更年期障害の症状が出て、日常生活に支障が生じてしまうならば治療がが必要になることもありますので心に留めておきましょう。 更年期障害は女性ホルモンの減少によって現れる症状でもあります。40代後半から50代前半になりますと急激にエストロゲンという成分が減少するのです。エストロゲンが減少すると脳が卵巣にもっと女性ホルモンを出すように命令してしまいます。しかし卵巣の機能も低下していますから、そのシグナルに答えることが出来なくて不調を巻き起こしてしまうのです。 50代前後できっかけもないのに心身ともに不調になり始めたら更年期障害を疑っても良いかもしれません。

更年期障害の症状が重くなると治療が必要になってきます。 治療にも色々な種類があるのですが、一般的だと言われているのがホルモン剤の投与、漢方の摂取、そして自律神経を整えるような薬の投与でしょう。 それぞれにメリットデメリットがありますし、副作用が生じてしまうものもあるので使用上の注意はよく読んで摂取することが第一になります。 そしてそれ以外にも心療内科などでのカウンセリングという治療もあります。個人によって症状が変わってきますから、専門医に従って治療をするようにしましょう。 一生更年期が続くということはありませんが、症状が出ているうちはとてもつらいので、治療に専念したほうが良い時もあるということが言えます。