女性ホルモンとの関わり

熱を測る

更年期障害とは、主に40代後半から50代前半にかけて起きる体の様々な症状の事を言います。女性に起こる事が多い症状ですが、これは女性ホルモンと深い関わりがあるためです。 女性は平均して50歳頃に閉経を迎えます。閉経をすると女性ホルモンの分泌量が減少するので、体内の女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。この事が脳に影響を与えて、身体的にも精神的にも様々な症状を引き起こすのです。 今までは更年期障害と言うと、女性特有のもので男性には起こらないと考えられる事が少なくありませんでした。しかし近年では、男性にも更年期障害が起きる事が知られるようになってきています。 男性の場合には、40歳以降に起こるのが一般的です。加齢やストレスの蓄積等によって、男性ホルモンの量が低下するのが原因です。

更年期障害は身体と精神の両方に症状が出てきます。まず身体面については、ホットフラッシュと呼ばれる顔のほてりが有名です。それ以外にも発汗や疲労感等の症状が出る人もいます。 次に精神面の症状としては、情緒不安定やイライラ、憂うつ等があります。中には自律神経失調症を引き起こしてしまう場合もあります。 近年では更年期障害が広く認知されるようになってきていて、それに合わせて様々な治療方法が考え出されるようになりました。代表的な治療方法としては、減少したホルモンを外部から補う治療や、薬物療法と精神療法を組み合わせた治療等があります。 更年期障害は1年から数年に渡って症状が続きます。人によってはもっと長期に及ぶ事もあります。この期間を快適に過ごすためにも、適切な治療を行なう事が大切です。